マルティーンセン=ローマン

『歌唱芸術のすべて』(音楽の友社、1994年)

著者: フランツィスカ・マルティーンセン=ローマン FranziskaMartienszen=Lohmann

原著: Der wissende Sanger -Gesanglexikon in Skizzen, Zurich (Atlantis Musikbuch-Verlag) 1981 (3.,unveranderte Auflage)

訳者: 声楽家の荘智世恵氏と共訳
価格: 4500円
購入方法: 音楽の友社でも品切れです。古書で求めるか、図書館で参照するしかありません。

著者序文

昔のイタリアの名歌手たちは,声楽に関する直観的な認識や洞察や英知を,文字や口承の形による言明と教示で伝えている。これらのものは,一見,意味不明であったり,曖昧のように思われるが,実はその精確さと現実性において,驚くべきほどの知見と観察に基づいている。しかし,今日に至るまで,声の自然法則に関する認識と英知を含んでいるこの伝統を,発声科学的に証明しうる事実基盤の上に立って研究するという真剣な試みは,一度としてなされたことがなかった。それを行なえば,声楽の歴史において,探究的精神がこれまで歩んできた長い道程を見渡す明快な展望を獲得することができるのである。

声楽学の分野は現在,科学と技芸と妄想の間の奇妙な浮遊状態に置かれている。その原因となっているのは,学問的,理論的基本概念の統一的名称も,この部門の芸術的諸法則(これらの諸法則は声楽においても,発声器官それ自体の性質からして,決して破棄することのできない自然法則と結びついている)に対する明瞭な概念規定も,ほとんど存在していない,という事実である。

これらすべての原因から,声楽という分野は,一見まったく伝統を持たずに空中に浮遊しているかのように思われる。そこで,数多くの真剣な探究者は,まったく新しい発見(それは実のところとっくの昔に発見されていた事柄なのだが)によって,発声法の革命ばかりでなく,一種の新時代を告知することができるとさえ信ずるにいたる。

われわれが必要としているのは,声楽という芸術分野に関する明解で根拠のある


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2